037 白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける(文屋朝康)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、37

首目はこちらです。

伝統の和楽器、箏を触ってみませんか。今日のアプリは箏の音色が楽しめます。

 

37 白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける(文屋朝康)

 

【読み方】しらつゆに かせのふきしくあきののは つらぬきとめぬ たまそちりける

 

【現代語訳】

 

秋の野の草の上に結ばれた白露は、風が吹くと散って、その様子は糸でつらぬきとめていない玉が散り乱れるようだ。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

葉っぱの上に光る露を、光の玉に見立てて、それを糸で留めていないから

 

★古今集巻1(無料:2017年11月現在)

・iPhone、iPadの方はこちら

 

・Androidの方はこちら

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら