033 ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ(紀友則)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、33首目はこちらです。

そして今日のアプリはスマホの画面に紅葉をはじめ、桜などを散らすことができるアプリです。

 

33 ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ(紀友則)

 

【読み方】ひさかたの ひかりのとけきはるのひに しつこころなく はなのちるらむ

【現代語訳】

 

日の光がのどかにさす春の日に、どうして落ち着いた心もなく桜の花は散ってしまうのだろうか

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

 

有名なこの歌を詠んだ紀友則(きのとものり)は、紀貫之の従兄弟。

桜は満開も美しいのですが、散り際も美しいもの。

風が吹くと舞い散る薄紅色の花びら。その姿も美しいものです。

 

桜吹雪と聞くと、様々な情景を思い浮かべることができるでしょう。

遠山の金さん、映画「細雪」、歌舞伎・・・

 

アプリを使って好きな写真に桜吹雪を散らしてみましょう。

 

★サクラなう!(無料:2017年11月現在)

・iPhone、iPadの方はこちら

 

 

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら