先生がいるからいろいろなことにチャレンジできる!

パソコンをはじめ、一眼レフ、スマートフォン、タブレット、おもいでばこなどを楽しんでいらっしゃる、エンジョイコースの三井寛胤さんにお話をうかがいました。

三井さん「困ったことがあっても、ここに駆け込めば何とかなる(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

インタビューはちょっとドキドキします

三井さん「インタビューはちょっとドキドキしますが、よろしくお願いします。」

丸山「三井さんはいろいろなことを楽しんでいらっしゃいますが、カメラがご趣味ですよね。」

三井さん「私は現役時代に、一眼カメラで現場を撮るカメラマンに付き添う機会があって、たまたまその時に、カメラでどう撮影するの? と聞きながらカメラの使い方を覚えました。それで一眼レフを楽しむようになりましたね。」

丸山「お写真もたくさん撮られるので、その整理方法も悩ましいところでしたね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもいでばこ、あれはいいねえ。

三井さん「そうなんだ。教室で見せてもらった「おもいでばこ」あれ、いいですねえ。とても便利に使っていますよ。あれに写真をかなりの枚数入れましたし、バックアップも取りました。」

丸山「おもいでばこは、保存された写真を自動的に撮影年月日でまとめてくれたり、同じ日付で撮影された写真をまとめてくれるメニューがありますね。」

三井さん「それでこの間おもしろいことが判明したんですよ。

バーベキューパーティーを毎年同じ日にやるんですが、それに参加した親戚の人がね、毎年同じ洋服だということが、おもいでばこに整理された写真でわかってね。同じ服だったんですね(笑)!

そう。それで本人もね、びっくりしてたけど。来年から着る物を変えてくるんじゃないかな。あれにはびっくりだったし、みんなで笑ったね。」

 

 

困ったことがあっても、ここに駆け込めば何とかなる(笑)。

丸山「三井さんはスマートフォン、タブレット、パソコン、デジタル一眼レフ、おもいでばこなど、いろいろなものを楽しんでおられますよね。すごくお気持ちがお若いと思うのですが。」

三井さん「いえいえ、そんなことはないですよ。でも言われてみれば昔から、比較的新しいものは好きだったかなあ。そういうのはあまり抵抗はない方かもしれませんね。」

「スマートフォンも持っていて比較的新しいものにチャレンジする気持ちは持っているかもしれませんね。そういうものを試してみたい、という気持ちはあります。でも一人ではどうにもならないし、家族に聞いてもねえ(笑)。」

「教室では先生がいるので、もし困ったことがあってもここに駆け込めば何とかなるだろうと(笑)。」

「同じ世代の友達たちでスマートフォンというのはなかなかいませんね。iPadも持っていない人、使っていない人が多いかな。触ろうともしない人もいますしね。丸山先生がいるから安心していろいろなことにチャレンジできる、というのはありますね。」

 

 

安心感。それが何かをやる時の大きな後押し。

丸山「三井さんは女性の方の多いクラスで黒一点ですね。
でも三井さんのその学ぶ姿勢に、みなさまも一目置かれていて、三井さんがクラスにいらっしゃる影響はとても計り知れない、そう思っています。」

三井さん「いやいや、先生がいるからね。だから安心しているというか、何か困ったことがあっても、とにかくここに駆け込めばいいと。何とかなると。そういう安心感が、何かをやろうとしたときの大きな後押しになっているということは言えますね。」

「そうでなければ一人ではなかなかやりきれないし、やっても聞く人がいない、そこで終わってしまうと思うんですよね。」

丸山「ご家族はどんな風に見ていらっしゃるのでしょう。」

三井さん「どうなんでしょうね(笑)。あ、何か新しいことやってるな、と思っているのかな。見守ってくれているという感じなのかな(笑)。Windows 10にも何だか知らないうちになっちゃってね、ハハハ。」

 

知らない世界を知ることができる。

三井さん「教室ではいろいろなものを見せてくれるでしょう、それがいいですよね。自分では知りようがないこともありますしね。聞いたり触ったりして初めて、ああ、そういうものなのか、見せてもらったら、ああこういうものなのかなと。それでまたほしくなっちゃったりしてね。」

「でも教室に来ていれば、自分では知らない世界を知ることができるから。すごく頼りにしていますよ。楽しいですよね、授業もね。」

丸山「みなさんが三井さんの姿勢に学ばれているんだと思いますよ。お年は確かに皆様より年上でいらっしゃいますけれど、お気持ちや新しいことに挑戦されるその姿勢は、みなさんも見習っていらっしゃるところが多いのではないでしょうか。」

三井さん「そうかなあ(笑)。男性一人なので大事にされますね。」

丸山「スマートフォンでもよく写真を撮られますか?」

三井さん「写真はきれいに撮るのはなかなか難しいよね。習ったんですがね。最近は持ち歩くには少し重たいんですよね、一眼レフはね。スマートフォンでも撮影しますね。すぐに使えるから便利だね。」

丸山「同窓会とか同期会に行って、お仲間にお見せになったりすることはありますか?」

三井さん「あるけれどね、もっている人が少ないんですよね。ほとんどいないかなあ。」

 

 

 

 

先生、すごく頼りにしていますよ。

丸山「三井さんのを触ってみたりとか、興味を示されるお友達などはいらっしゃいますか。」

三井さん「うーん、どうかなあ。みんな持っていないし、興味もないのかなあ。貸してとか触らせてという人もあまりいないかな。自分にはあまり関係ないんじゃないか、と思っているんじゃないですかね。」

「それに教えてくれる人がいないと、私たちの世代だと、どう扱っていいかわからないという面もあるのかもしれません。そういう意味でも、先生すごく頼りにしていますよ。先生がいるからいろいろ挑戦できるんだから。安心してね。」

丸山「ありがとうございます。私もいろいろなことに、どんどん挑戦していただきたいです。」

三井さん「インタビューと聞いて、ちょっとドキドキしていたんですが、いやあ、今日は楽しかったです。ありがとうございました。」

丸山「楽しいお話をありがとうございました」