AirPodsをなくした場合 その2 Apple直営店で購入

あの手この手を尽くしたが・・・

帰らぬ人となってしまった右くん…

注)右のイヤフォンだけを紛失したそうです。

新たな右くんを求め、銀座の街へ繰り出します

オーナー増田由紀のちょっと悲しい体験談

完結編はこちらから!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

AirPodsをなくした場合 その1 (2017年6月15日の記事)

あれほど気を付けていたのに、右だけなくなったAirPods。

これじゃあAirPodだ。。。

 

つい最近から、紛失した場合片方だけでも買えるようになっています。

でもいきなり行っても、在庫があるかどうかもわかりません。

何しろ、今、新しく買おうと思ったら6週間待ちです。そんなに待てない私。

 

電話をかけて問い合わせるのもいいのですが、チャット(文章のやり取り)をするという方法もあります。

Appleサポートへのお問い合わせ というサービスがあります。

ここで商品名を選び、問い合わせ内容を選びます。

最後にApple IDとパスワードを入力します。

すると、こんな感じで係りの人とメッセージのやり取りをすることができます。

 

Appleサポートへチャットで問い合わせ

まずは状況を伝えます。

 

持ち込みになったとして、Apple銀座に在庫はあるのか聞いてみます。

店舗の予約はできるものの、在庫の確認まではできないとのことです。

 

気を取り直して銀座へ行ってみます、とお相手に伝えます。

機械と話しているわけではないのです。なんだか温かみのあるメッセージのやり取りです。

 

 

 

在庫があるかどうか、行ってみなくてはわからないということですから、一番近いApple 銀座に

一番早く行ける日の予約を入れて行ってみることにしました。

 

予約を入れてApple銀座へ行ってみる

予約は入れたものの、その日に在庫があるかどうかはわからない、と言われました。

在庫があれば即日渡してくれるそうですが、入荷状況は流動的で、確定的なことは言えないそうです。

だから行ってみるしかない。

う~ん、このあたりもっとわかりやすいといいんだけれど。

行かなくてはわからない、というのはなかなか厳しいものがありますね。行く前にわかっていればいいのに。

私はまだすぐに行けるからいいけれど。

 

さあ、在庫あるかな。。

 

11時に予約を入れました。少し待たされた後、カウンターに案内されました。

Apple銀座には外国人スタッフも多いのですが、私の担当をしてくれた人は、青い目のイケメンスタッフさんでした(笑)。

 

 

これですから。相棒がいないと寂しいよねー、左くんもねー。

 

在庫があれば買って帰れる

今日は在庫があるとのこと!

「今日、買って帰れますね?」

「はい、このままお持ち帰りいただけます」と、日本語で彼が言う。

買って帰れる。家にあってひょんなところから出てくるかもしれないけれど、しょうがない。見つからないんだもん。

右くんを連れて帰るよ。

 

「片方なくす方多いですか?」

「そうですね。昨日も2件、ありました」

そうなんだ。私だけじゃないんだね。。。

 

片方だけのAirPodの箱が登場しました。

2つならAirPodsだけど、1つだからAirPodね。

 

在庫があれば話は早い。

iPhoneとのペアリングをしてもらって、音の出るのを確かめました。

片方だけのペアリングがなかなかうまくいかなくて、ちょっと待たされましたが

何度目かのトライののち、iPhoneと無事ペアリング。

 

AirPod片方は8,424円(税込)

新品買うよりは安く済んだ、と思うしかない。

ついこの間から片方買えるようになったんだから。

探しても見つからないんだし。

なくて困るんだし。

と、自分を納得させ(笑)、お支払いを済ませました。

 

これ、なくなった片割れが自宅でひょっこり出てきたら、もう片方を購入できるのか聞いてみました。

そうしたら、もうこの2つで登録してあるので、自宅からひょっこり出てきたとしても、もう片方を買って1セットにすることはできないそうです。

もう片方は、なくした時のためのスペアで、と言われました。

 

Apple製品使っている私としては、Apple直営店が近いのはとても助かります。

 

でももう絶対なくさないようにしよう。