春休みに香港旅行に行った講師のスマホ体験をご紹介いたします

春休み、週末を利用して主人と香港3泊4日行ってきました。
香港島、九龍中心部のスマホ体験を報告します。

事前に香港で購入できるsimを調べたところ、tourist sim がいいとありました。
Amazonでも事前に購入できるようでしたが私は香港国際空港到着して購入しました。
1010というブランド名でサービスする、香港電訊(PCCW)というキャリアのショップが到着ロビーにあります。1010のお店で5日間1.5GB tourist用の現地SIMを購入しました。88香港ドルでした。(8日間4GB 118香港ドルもあります)

香港は地下鉄、路線バス、ショッピングモールなどでも使用できるwifiがありました。
購入したsimは香港のキャリア cslのtourist用です。街中では自動でcsl のwifiも使う事ができました。
宿泊したKowloon Shangri-La,はパスワード無しでしたが、afternoonteaに行ったpeninsulaではSSIDをタップすると宿泊者名と部屋番号入力になり断念しましたが、ボーイさんに聞けばよかったのかもしれません。

地下鉄、路線バスが発達している香港で、Googleマップは本当に役立ちました。
目的地検索すると、地下鉄出口の番号まで表示されました。
路線バスではGPSで地図上の移動を確認して下車する事ができました。
Google翻訳でメニューを写してみましたが、メニューに英語、中国語が書かれているせいか思うように翻訳されませんでした。

以前の旅行でもそうでしたが、現地直接予約、海外のサイトを検索ではGoogle翻訳がとても便利。
3泊4日1.5GB のtourist simは十分足りました。