031 朝ぼらけ有明の月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪(坂上是則)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、31首目はこちらです。

そして今日のアプリはボールをゴールにドンと入れるだけのシンプルなゲームアプリ「ボールをゴールへドーン!」です。

 

31 朝ぼらけ有明の月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪(坂上是則)

 

【読み方】あさほらけ ありあけのつきとみるまてに よしののさとに ふれるしらゆき

【現代語訳】

 

夜がほのぼのと開けるころ、有明の月の光かと見間違えるばかりに輝く、吉野の里に降り続く白雪 。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

30首にも「有明の月」が登場ですが、この歌も有明の月。

百人一首には全部で4首、有明の月の歌があります。

月を見て時を知り、心を震わせ、思いを馳せる。

現代の世にはなかなか月を見てじっくりと物思いにふける時間も「夜の暗さ」もないですね。

明るすぎるんだもの。夜が。

 

さて、この歌を詠んだ坂上是則(さかがみこれのり)は征夷大将軍・坂上田村麻呂の思想。

蹴鞠の名手で、醍醐天皇の前で鞠を落とさず200回蹴り続けたと伝わる人物です。

蹴鞠は、鞠を地面に落とさないように蹴り続け、その回数を競うというシンプルな遊びです。

あのお衣裳で、蹴鞠を蹴っていたのかしらね。

 

さて現代の私たち、蹴鞠は用意できませんが、スマホのアプリにはボールゲームがたくさんあります。

蹴鞠は落とさないように蹴り続けるシンプルなゲームですが、今回ご紹介するのはボールをひたすらゴールにドンと入れるだけ。

道具を使っても構いませんが、ひたすらボールをドン、とゴールに落下させるだけのゲームです。

シンプルながら難しい。

2回目にして失敗した私です(笑)。

 

★ボールをゴールへドーン!(無料:2017年10月現在)

・iPhone、iPadの方はこちら

 

・Androidの方はこちら

 

 

 

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら