022 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ(文屋康秀)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、22首目はこちらです。

そして今日のアプリはジャニーズのコンサート情報がわかる「ジャニーズ通信」です。

 

22 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ(文屋康秀)

 

 

【読み方】ふくからに あきのくさきのしをるれは むへやまかせを あらしといふらむ

【現代語訳】

 

山から吹きおろす風はすぐに草木をしおれさせる。なるほど、だから、山から吹き降ろす風を嵐といい、野をあらす「あらし」というのだろう。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

日本には漢字があります。

漢字を組み合わせることで、意味を持つ漢字もあります。

「日」と「月」で「明」

「木」と「木」と「木」で「森」

「火」と「火」で「炎」

「口」と「鳥」で「鳴」

「田」と「力」で「男」などなど。

この歌にある「山」と「風」で「嵐」というのもそうですね。

意味を考えながら漢字を見ていると、楽しいですね。

 

ところで「嵐」といえば、私にはアイドルグループの「嵐」が真っ先に思い出されます。私の大好きな5人組です。

嵐という漢字は上が「山」、下が「風」に分けられます。

嵐のファンにとって「山」といえば年長の「櫻井翔くん」「大野智くん」を指し、「風」はその下の「相葉雅紀くん」「二宮和也くん」「松本潤くん」を指します。

上手に言い表したものだと感心します。

数年前までは、まさか私がジャニーズのファンになるとは思ってもみませんでしたが、人間何がきっかけでそうなるかわからないものですね(笑)。

 

同じだ!私もジャニーズファン! そんなあなたには、ジャニーズのコンサート情報などが分かるこんなアプリはいかがでしょうか。

私もいつもお世話になっています。

 

★アプリ名:ジャニーズ通信(無料:2017年9月現在)

・iPhone、iPadの方はこちら

 

・Androidの方はこちら

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら