日経新聞より「Googleアカウント」の授業の取材がありました(2013/7/24)

日経新聞より、「GoogleアカウントでYouTubeを楽しもう」の取材がありました(2013/7/24)
http://blog.goo.ne.jp/pasocom777/e/0a14a3d8291e66022bc592e8441328ae

 

インターネットのサービスを利用していると、「ログイン」「サインイン」の画面でIDとパスワードを入力する機会がたくさんありますね。
シニア世代の方々は、パスワードをどのように管理されているのでしょうか、というのが取材の趣旨でした。

たまたま先週のエンジョイコースの授業が「GoogleアカウントでYouTubeを楽しもう」だったので、水曜日クラスに記者さんが取材にお越しになることになりました。
お席にお座りいただいて、一緒に授業を聞いていただきました。

休憩時間には、「普段どのようにパスワードを管理されていますか?」などインタビューをされていました。

 

生徒さんが真剣にIDとパスワードを入力する様子を、写真に収める記者さん。

パスワードも、4ケタでOKのところもあれば、8ケタ必要なところも。

大文字を含めなくてはいけないとか、同じ数字が連続はダメとか全部を覚えているのが大変なくらい、いろいろな組み合わせがありますね。

また入力しても●●●と表示されますから、正確に入力しないと1度で通らなかったりします。

インターネットのサービスを使うには、このIDとパスワードを入力する作業避けては通れませんね。

ご自宅だと、「自動的にログインする」とか「一定期間ログイン状態を保つ」などにチェックが入っていて、毎回入力を省略することができたりします。

便利な反面、いざ入力しようとすると「あれ?? あれあれ??」ということにもなりかねませんし、何回か失敗すると、ロックされてしまったりすることもあります。

そんなこともあり、教室ではサインイン・サインアウトを毎回ご自身でやっていただくようにしています。

 

 

「先生~、私のパスワードなんだっけ?」

「それは・・・私は存じ上げませんよ(笑)~」

「先生なら、この●●●、何かのソフトを使って読めるのよね」

「・・・いえいえ、私たちにも読めませんから、しっかり入力してくださいね。」

「先生、もう何か入力されてます」

「あ~、それは入力例ですから、そのままその枠の中に入力して大丈夫ですよ~」

「先生、ログインできません。」

「・・・それはIDとパスワードが同じ欄に入っていますね(笑)。」

などなど、サインイン、ログイン時にはなかなか楽しいエピソードに満ちていますね!

でもご自身で間違いなく入力してログインできるようになるって、とっても大事なことですからね。一発でログインできるよう、頑張っていきましょうね!

 

▼2013/7/24 日経新聞Web版はこちら

 

▼2013/7/24(水)夕刊