015  君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ(光孝天皇)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、15首目はこちらです。

そして今日のアプリは野草の名前が分かる「シンプル植物リスト」です。

 

15  君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ(光孝天皇)

 

【読み方】きみかためはるののにいててわかなつむ わかころもてにゆきはふりつつ

【現代語訳】

 

君のために、早春の野に出て若菜を摘む。そんなわたしの衣の袖に、雪が舞い降り続けていたよ。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

【こんなアプリいかがでしょう】

まだ天皇が皇子のころ、早春の若菜に添えて贈った和歌です。

どなたに送ったのでしょう。

どんな若菜だったのでしょう。

「若菜」は春の七草のように食べられる野草の総称です。

正月7日の七草粥の行事もここからきています。

 

そういえば野草はいろいろあるけれど、これ何ていう名前なんだろう。

そんなあなたには、写真から野草の名前が分かるアプリはいかがでしょう。

 

★アプリ名:シンプル植物リスト(無料:2017年9月現在)

iPhone・iPadの方はこちら

 

Androidの方はこちら

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら