012  天つ風 雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ(僧正遍昭)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、12首目はこちらです。

そして今日のアプリは和楽器の音色が楽しめる「Ohayashi Sensei Pocket」です。

 

12  天つ風 雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ(僧正遍昭)

 

【読み方】あまつかせくものかよひちふきとちよ をとめのすかたしはしととめむ

【現代語訳】

 

天空を吹く風よ、天女が通う雲の切れ間を吹き閉じてくれ。天女のように美しい舞姫たちの姿を、もうしばらく留めておきたいのだ。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

この歌、私は大好きです。

これを読んだのが殿方は殿方でも、お坊さんというところに意外性があります。

天皇の血を引く僧正遍昭が、出家する直前に臨席した、雅な宴で読んだ歌だそうです。

「天つ風」だけで、雅な宴の様子が頭に浮かんできます。

宮中行事で踊る美しい舞姫たち、お衣裳もきっと綺麗だったんだろうなあ。華やかに、軽やかに踊る舞姫は、きっと天女のように見えたのでしょうね。

雅な調べが聞こえてきて、その光景が目に浮かぶようです。

どんな音楽だったんでしょう。

 

ところで日本の楽器ってどんな音がしていたっけ?

そんなあなたには、和楽器の音色が楽しめるアプリはいかがでしょう。

マナーモードにしていると音が出ませんからお気を付けくださいね。

 

★アプリ名:Ohayashi Sensei Pocket(無料:2017年9月現在)

iPhone・iPadの方はこちら

 

Androidの方はこちら

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら