030 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし(壬生忠岑)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、30首目はこちらです。

そして今日のアプリは文字を拡大できるメモです。

 

30 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし(壬生忠岑)

 

【読み方】ありあけの つれなくみえしわかれより あかつきはかり うきものはなし

【現代語訳】

 

明け方に有明の月が寒々しく見え、あなたがそっけない様子であった別れ以来、暁ほどつらいものはありません。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

平安時代は通い婚。

男性が女性のもとへ通い、暁になると帰らなくてはいけません。

お別れの時、男性から女性に歌が送られます。

それが「後朝(きぬぎぬ)の歌」

 

朝になって明るくなってから帰るわけではないのです。

月の傾きを見て「ああそろそろ帰らなくては」と、後を引かれる思いで女性の家を後にした殿方も多かったのでは。

暁ばかりうしものはない・・・

ユウウツだ・・・

 

あれ、ユウウツってどういう漢字だったかしら。

何だかごちゃごちゃと画数が多かったような。

スマートフォンで「ユウウツ」と入力して変換しても、これでは見えないなあ。

 

そんなあなたには、文字を拡大できるメモはいかがでしょうか。

細かい画数もしっかり見えますよ。

 

★文字拡大メモ(iPhone、iPad)/でか文字(Android)(無料:2017年10月現在)

・iPhone、iPadの方はこちら

「文字拡大メモ」

 

・Androidの方はこちら

「でか文字」

 

 

 

iPhone・iPadの「文字拡大メモ」の使い方

(1)右上の【+】を押します。

 

(2)文字を入力し漢字に変換します。 入力し終わったら、矢印の先のようなマークを押します。

 

(3)メモの下に、スライダーが表示されます。

 

 

(4)スライダーを右へ動かすと文字が拡大されます。

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら