028 山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思へば(源宗于朝臣)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、28首目はこちらです。

そして今日のアプリは「出世力診断」です。

 

28 山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思へば(源宗于朝臣)

 

【読み方】やまさとは ふゆそさびしさまさりける ひとめもくさも かれぬとおもへは

【現代語訳】

 

山里はとりわけ冬がさびしく感じられるようだ。人も訪ねてこないし、草木も枯れてしまうと思うと。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

歌を詠んだ源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)は、「15 君がため春の野に出てて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ」の光孝天皇の孫。

しかし臣籍に降下し、源姓を名乗っています。もともとは皇族であったのに昇進が遅く、公卿になれなかったことを嘆いていたそうです。

いつの世も、出世を望む人は多いもの。出世は時の運ともいいますが、取り立てられて陽の当たるところで活躍する人もいれば、それを恨めしく思っている人もいるのかもしれません。

自分には出世するだけの力はあるのかな。

そんなあなたには「出世力診断テスト」はいかがでしょう。

社長か? それとも平社員か?

設問は10問、すべて2択です。制限時間の中で直感に従って答えを決めましょう。

自分に近いと感じるほうを選んでください。迷ったときには悩まず直感です。

 

★出世力診断(無料:2017年9月現在)

・iPhone、iPadの方はこちら

 

・Androidの方はこちら

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら