023 月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど(大江千里)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、23首目はこちらです。

そして今日はiPhoneの壁紙を「月」に変更する方法をご紹介します。

 

23 月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど(大江千里)

 

【読み方】つきみれは ちちにものこそかなしけれ わかみひとつの あきにはあらねと

【現代語訳】

 

月を見ているとなんだかいろいろもの悲しく感じられる。私一人のためにきた秋ではないのに。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

 

百人一首には「月」の歌が多いですね。12首あります。

太陽や星そのものを読んだ歌はありません。

月を見るのに、きっと度々夜空を眺めていたであろう百人一首の人々。

その時、星や星座は印象に残らなかったのかしら。

太陽は歌心を誘わなかったのかしら。

そんなことを思ったりします。

この時、大江千里が見た月は三日月? 満月?

満月は古来より不思議な力があるとされ、幸せを引き寄せるとされています。

そう言えば、iPhoneの壁紙にも満月の月が用意されていますよ。

私のiPhoneにも満月を、そんな方に壁紙の変え方をご紹介しましょう。

 

★iPhoneの壁紙の変え方(iOS11・2017年9月23日現在)

1)ホーム画面の【設定】を押します。

2)【壁紙】を押します。

 

3)【壁紙を選択】を押します。

 

4)【静止画】を押します。

 

 

5)満月の壁紙を押します。

 

6)【設定】を押します。

 

7)【ホーム画面に設定】を押します。

 

8)ホーム画面に満月が設定されます。

 

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら