016   立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む(中納言行平)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、16首目はこちらです。

そして今日のアプリは「LINEの位置情報」です。

 

16   立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む(中納言行平)

 

【読み方】たちわかれいなはのやまのみねにおふる まつとしきかはいまかへりこむ

【現代語訳】

 

今、別れて因幡国に行ってしまっても、稲葉山の峰に生える松のように、あなたが「待つ」というのを聞いたならば、すぐに帰ってこよう。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

「松」と「待つ」の掛詞です。

これから赴任地の因幡(稲葉とも。鳥取県)へ向かおうとする行平が、見送る人たちに向けて詠んだ歌とされています。

「いなば」は「往なば」(去るという意味)と「因幡」(国の名前)と「稲葉」(山の名前)、「松」は「待つ」との掛詞です。

言葉遊びができないと、歌も読めませんね。

ちなみに行平は、高貴な女性たちとの浮名を流した美男子、在原業平のお兄さん。

私ここで待っているよ、と聞いたら帰りたくなってしまうのは昔も今も一緒ですね。

 

待ち合わせ場所を決めたら、その場所を相手に簡単に教えたい。

そんなあなたには、LINEの「位置情報」はいかがでしょう。

位置情報をタップするだけで、今いる場所が簡単に相手に送れます。

送った住所をタップすると、地図が表示されますよ。

待っていたのに会えなかった、なんていうすれ違いを防ぐのにも便利に使えそうですね。

 

★アプリ名:LINE(無料:2017年9月現在)

1)LINEのトーク画面を表示し、【+】を押します。

 

2)【位置情報】を押します。

 

 

3)地図が表示され、今いる場所に旗が表示されます。【この位置を送信】を押すと、相手に現在地が送られます。

 

地図は、指で広げてもっと大きく見ることもできます。また、地図を動かすと(旗ではなく地図を動かします)、相手に送りたい場所を自分で調整することができます。

 

4)トークの画面に、位置情報が表示されます。【位置情報】の吹き出しを押すと、地図が表示されます。

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら