010  これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関(蝉丸)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、10首目はこちらです。

そして今日のアプリは、昔の地名が確認できる「あそんでまなべる 旧国名パズル」です。

 

10  これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関(蝉丸)

 

【読み方】これやこのゆくもかへるもわかれては しるもしらぬもあふさかのせき

【現代語訳】

 

これがあの東国へ行く人も都へ帰ってくる人も、また知っている人も知らない人も、別れてはまた逢い、逢ってはまた別れるという逢坂の関なのだなあ。

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

あふと逢うをかけたこの歌。

解説書には逢坂関(おうさかのせき)は、山城国と近江国の国境となっていた関所、と書いてありました。

山城国ってどこ? 近江国ってどこ?

そんなあなたには、こんなアプリはいかがでしょう。

昔の地名が確認できるアプリです。

 

★アプリ名:あそんでまなべる 旧国名パズル(無料:2017年9月現在)

iPhone・iPadの方はこちら

 

Androidの方はこちら

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら