007  天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも(安倍仲麿)

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」、7首目はこちらです。

そして今日のアプリは、月が眺められる「Moon Globe/Moon Atlas 3D」です。

 

7  天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも(安倍仲麿)

 

【読み方】あまのはらふりさけみれはかすかなる みかさのやまにいてしつきかも

【現代語訳】

 

大空を振り仰いではるかに眺めると月が見える。あの月はきっと、故郷春日の三笠山に出ていた月とおなじものなのだなあ

ゼロからわかる!図説百人一首:学研パブリッシング

 

【こんなアプリいかがでしょう】

若くして遣唐使として中国に渡り、時の皇帝に仕えたとされる安倍仲麿。

異国の地で安倍仲麿はどんな思いで月を見ていたのでしょう。

彼が日本の土を踏むことは二度となかったのです。

この歌は百人一首の中で唯一、外国で読まれた歌とされています。

とすると、この歌はどうやって日本に持ち帰られたのでしょうね。

 

そういえば最近、月なんて眺めていないな。

そんなあなたには、月が見られるアプリはいかがでしょう。

夜空に輝く月が手の中に取り、リアルな月の表面をも見ることができるアプリです。

 

★アプリ名:Moon Globe(無料:2017年9月現在)

iPhone・iPadの方はこちら

 

★アプリ名:Moon Atlas 3D(無料:2017年9月現在)

Androidの方はこちら

 

 

連載コーナー「百人一首で学ぶアプリ」はこちら